グレーチングにはまらないタイヤの大きいキックボードであるバギークロスは安全

キックボードは、アウトドアスポーツ用品として幅広い層の人たちから親しまれています。

キックボードの用途はアウトドアスポーツだけにとどまらず、遊び用として使われたり、日常の移動手段として利用されたりしています。

このように、様々な場面で利用されているキックボードの中で人気が高いのは、バギークロスのキックボードです。

バギークロスの人気の理由としましては、走行時の安定性が抜群であるという点です。走行安定性が高い要因としては、バギークロスがタイヤの大きいキックボードであるからという点が挙げられます。

タイヤが大きいと、タイヤのグリップを最大限に活かすとこが出来ます。また、タイヤが大きいことによって、道路にある細い隙間、例えばグレーチングにはまらないという利点があるのです。

グレーチングにはまってしまいますと、転倒する恐れがありますから危険です。そういった危険性が、バギークロスのキックボードにはありません。ですから、安全なキックボードと言えるのです。

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR

自転車の下位互換としてのバギークロス。

最近、自電車での移動が流行っていますよね?自分も、最近は自電車で移動することが多くなったのですが、もっと健康的に、徒歩をと考えているのですが、どうしても移動にかかる時間が、もったいない。
そこで、自転車の下位互換の製品は無いものかと考えて、バギークロスが出てきました。

バギークロスとは、簡単に言うと、キックボードみたいな乗り物で、キックボードを大人向けにアレンジしたような乗り物で、見た目は大人が乗っても違和感がないかと思いますが、子供が乗っていると違和感があると思います。

サイズも大人向けになっている製品が多いので。
最近では、移動はほぼバギークロスでの移動になりました。

通勤も徒歩で約1時間弱だったのですが、半分強くらいで着きますし、いい運動になっています。

また、職場でも物珍しいので今まで知らなかった社員の方と話すようになったりして、コミュニケーションも増えて来ました。

このように、もう少し運動負荷を増やしたい方などには大変、オススメします。

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR

バギークロスを通勤に使えるキックボードとして活用する

キックボードは、アウトドアスポーツ用品として幅広い層の人たちから親しまれています。

キックボードはスポーツとしての用途だけでなく、日常使いとして便利な側面を併せ持っています。

日常の移動手段のひとつとしてキックボードを用いている人も数多くいます。その中で、通勤に使えるキックボードとして知られているのがバギークロスのキックボードです。

バギークロスのキックボードは、ハンドルが付いており、タイヤが太いことから安定した走行をすることが出来ます。

また、タイヤが太いことにより、タイヤのグリップを最大限に発揮することが出来ますので、直進時のみならずコーナーリングにおいて安定した走行を実現しています。

そして、道路の各所にあるグレーチング等といった細い隙間にタイヤが嵌ってしまうことがありませんので、転倒する危険性がありません。

このように、バギークロスのキックボードは、通勤をはじめとして、日常生活の移動手段として有効な道具と言えるでしょう。

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR

楽しい大人のキックボード、バギークロスとは

最近、バギークロスというものが注目を集めているのをご存知でしょうか。

そもそもバギークロスとは、大人のキックボードとでも言うべきもので、キックボードの進化形と言われてもいます。

その特徴は、キックボードと違いタイヤが大きいこと。おおよそ12インチありますので低い段差くらいなら乗り越えることができます。

エアタイヤなので静かですし、公園などの土の上でも快適に走ることができます。

もちろん、耐荷重は大人が乗っても大丈夫な100kg程度あるものがほとんどです。

そして最も大きな違いは、ブレーキがついていること。

前輪降臨どちらにも自転車と同じようにブレーキがついているので、自転車と同じような感覚で乗れるのです。

大人でも乗れるので、子供のキックボードの併走としてぴったりですし、コンビニなどの近くの店までちょっと出かける際にも活用できます。

そして何より現代人にとって悩みの種である運動不足の解消にぴったりなアイテムと言えるのです。

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR

ポケモンgoでの移動手段にはバギークロスが使える

ポケモンgoは、位置情報を活用することにより、現実の世界そのものを舞台としてポケモンを捕まえることのできる、大人気のアプリゲームです。

ポケモンを捕まえるためには実際に移動することが必要となるのですが、そのポケモンgoでの移動手段にバギークロスが向いているといわれています。

走行スピードは自転車以下ですし、すぐにどこでも止まれます!

まず、バギークロスのグリップは長時間握っていても疲れず、ありとあらゆる走行において、正確な操縦性を発揮してくれます。

また、自然な感覚でスピードの調整をすることができるように前後ブレーキが装備されています。

使用されているアルミ製Vブレーキは、シンプルで壊れにくく、制動力が強いものなので、安心して乗ることができるのです。

そして、使用上の安全性を高めるため、走行する際に身体が最もダメージを受けやすいと予測される部分に、厚さ15ミリの衝撃吸収ウレタンカバーが装着されています。

これにより、子どもでも安心して乗ることができます。安全で安心な移動手段であるバギークロス、ポケモンgoの移動手段にいかがでしょうか。

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR

親子で乗れるキックスケーターはバギークロスです!

子供はキックスケーターで遊んでいる時、大人は走って追いかけますがまぁ追いつかないですよね。

自転車で追いかける程でもないし、という時に思いつくのが大人用のキックスケーターがないかなという事です。

あるんですよ!大人用のキックスケーター!

その名も「バギークロス」

bagikuro

耐荷重100キロで、12インチのゴムタイヤで乗り心地も抜群、前後ブレーキ付きで安全設計のキックスケーターです。

もちろん乗り方は子供のと同じく足で地面をけって進む方式ですよ!

このバギークロス、路面だけでなくオフロードでも乗る事が出来、バーベキューに持って行っても便利に使えますよ!

対象年齢も6歳からなので小学生のお子さんなら一緒に使う事もできますね。

親子で遊べるキックスケーターはバギークロスで決まりです!

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR

バギークロスは公道を走る事は出来るのか

バギークロスは公道を走ってもいいのか?

これは購入する前に気になる事ですよね。

フェザーホワイト

結果から言うと前後ブレーキの付いているバギークロスは公道走行しても問題ありません。

ブレーキの無い乗り物は自転車(ピストバイクなど)でも取り締まりの対象になりますが、ブレーキがあるバギークロスは安全な乗り物として取り締まりの対象になならないのです。

実際僕も何度も交番の前や駅のロータリーで乗っていますがお巡りさんに止められた事はありません。

もちろん無茶な運転もしていませんし、交通ルールも守るという事は言うまでもありませんが。

バギークロスは公道を走ることは可能な乗り物です。

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR

子供のプレゼントにキックボードを考えている方!ブレーキ付きはバギークロスです

子供の誕生日プレゼントにキックボードを探している方、シッカリとブレーキの付いた安全なキックボードはバギークロスですよ!

一般的にキックボードはブレーキがついていないモノが多く、さらにタイヤが樹脂製で小さく段差などがあれば転倒の危険が高いです。

バギークロスは対象年齢6歳からで、前後ブレーキがついていて、タイヤも12インチの大口径のゴムタイヤです。

もちろんハンドルの高さ調節も可能ですし、安全性の高いキックボードですよ!

耐荷重100kgまでなので大人も十分に乗れちゃいます。

子供や孫のキックスケーターをプレゼントするならこのバギークロスが喜ばれますよ!

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR

バギークロスを車に積む事が出来るか!

バギークロスの大きさは120cmあります。

ですが普通車のトランクに寝かせれば2台積む事が可能です。

ワンボックスカーなら全く問題なく立てて積みこむ事が可能です!

バーベキューの時などに持って行くと現地でのコンビニまでの買い出しやトイレまでのちょっとした移動がかなり楽になりますよ!

オフロードもオンロードもどちらでも走行できるので持って行く場所を選びません。

車に積んでおくと遊びの幅が一気に広がりますね。

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR

大人用のキックスケーターであるバギークロス、耐荷重は100キロ!

大人用のキックスケーターであるバギークロスは重さ100キロまで耐える事が出来ます!

耐荷重は100キロなので大柄な大人でもほとんど人がの乗る事が出来ますよね。

対象年齢は6歳からとなっており、小学生の子供と親子で一緒の乗る事が出来るキックスケーターですよ!

今までのキックスケーターだとタイヤが樹脂で固く、段差に弱かったですが、バギークロスはゴムタイヤで12インチの大口径タイヤなので段差はもちろん、オンロードオフロードどちらも走る事が出来ますよ!

近所のお出かけはもちろんアウトドア時のチョイ乗りの足として威力を発揮しますよ!

⇒こちらからどうぞ!Buggycross バギークロス ライムグリーン 12inch BGW-12GR