親子で乗れるバギークロス、安全で良いですよ!

バギクロ

子供と大人が一緒に乗れるキックボードって結構少ないんですよね。

そんな中でもこのバギークロスは耐荷重100kgと大柄な大人でも十分の耐久性があり、重量が軽く、子供でも乗れるハンドル高(77~89cm調整可能)です。

対象年齢は8歳からです。

さらにタイヤホイールも12インチと大きく道路のギャップやマンホールでも楽々乗り越え、転倒する危険性が低い安全性もキックスケーターに比べると格段に高くなっています。

前後ブレーキ付きというのも嬉しい機能ですよね。

安全に親子で楽しめるバギークロス、お子さんとご自分にプレゼントでいかがですか。

ちょっとした移動手段にバギークロスは最高!キックボードより便利

Buggycross

ちょっとした移動のときに便利な乗り物あればいいのにと感じたことないでしょうか。

キャンプに出掛けた時や家から徒歩5分の場所に行く時などがそれに当たると思うのですが、自転車をおもむろに車に積んだりするのも手間ですよね。

そんな時はこのバギークロスがお勧めです。

キックボードのようにおもちゃではなく、しっかりとした乗り物で、なおかつ車のトランクにも手軽に乗せれるサイズ。

出先での移動や徒歩圏内での移動の時に威力を発揮しますよ!

フェザーホワイトのバギークロスは爽やか!

フェザーホワイト

フェザーホワイトのバギークロスはまあ奇麗な白色です!

タイヤやハンドルの黒色とのコントラストがはっきり出てより一層ホワイトが引き立つカラーリングですね。

走行を繰り返すとどうしても汚れが目立ってくるのは仕方が無いですが、そこは自動車並みに愛情を持って洗車してあげてくださいね。

フェザーホワイトのバギークロスは目立ってカッコイイですよ

ルナメタルは本当に少ないよ!

ルナメタル

ルナメタルのバギークロスは正直あまり見かけた事がありません!

メタリック調の濃い銀色から深緑という雰囲気のカラーリングですが、ちょっと地味な感じがあまり人気が無い原因なのでしょうか。

とはいえ逆に考えると同じ色の人とカブる可能性が低くなるというメリットもありますね。

一味違うカラーがお好みならこのルナメタルどうですか。

とてもシックなコズミックパープルのバギクロ

コズミックパープル

バギークロスの中での渋い色【コズミックパープル】はシックな赤紫色になります。

かなり深い色合いでどこでも溶け込む雰囲気が出ていますよ!

汚れも目立たない色なので、気を使われる方にはお勧めです。

ヴォルケーノレッド

ヴォルケーノレッド

このヴォルケーノレッドは2013年の新色で追加発売されたモデルです!

という事は自然に乗っている人が少ない色という事になりますよね。

実際は赤というより少しピンクよりな色に仕上がっていますので女性や女の子に人気がありそうですね。

フレアオレンジは家族で使う方に人気!

フレアオレンジ

フレアオレンジは男女ともに好まれる色でバギークロスをお子さんや夫婦で利用される方に大人気ですよ!

オレンジ色という事で様々な場所にあっても目立つし、人目を引くという意味ではオシャレなバギークロスに乗っている醍醐味を味わえるのではないでしょうか。

今まで乗り物でオレンジってなかなか購入できなかったですよね。

このフレアオレンジのバギクロはちょっと新鮮ですよ!

ライムグリーンは自然派に!

Buggycross

ライムグリーンのバギークロスは自然が似合うモデルとなっているイチオシカラーではないでしょうか。

公園や山などの緑あふれる場所で自然と一体化できるライムグリーンはオフロードが似合うカラーリングだと思います。

タヒチブルーのバギークロス

タヒチブルー

カラーバリエーションが豊富なバギークロスですが名前の呼び方もオシャレですよね。

まずはタヒチブルー!

薄い青なんですが意外とはっきりしたカラーリングで男性に大人気です。

タヒチブルーと言えばミニクーパを思い出すあなたは僕と同じ結構な年齢ですね(笑)

爽やかに青いバギークロス乗りこなしましょうよ

組立も簡単なバギークロス

Buggycrossバギークロス激安

バギークロスは自分で組み立てるのですが、ハンドルとブレーキをセットするだけで約10分もあれば簡単に組み立てれますよ!

工具も六角レンチを用意するだけなので家庭にあるもので簡単に組み立て可能です。

そうしても組み立てが気になる方は近くの自転車屋に持ち込めば代わりに組み立ててくれますよ(もちろん価格は交渉してくださいw)

組立が完成すれば楽しいバギークロスライフのスタート!

車のトランクに積んでお出かけですね。